論語と算盤大賞 受賞

渋沢栄一翁顕彰委員会様より「論語と算盤大賞」をいただきました。(2020/07/07)
 
1966年創業からの社名に冠した「技術」にこだわる理念の浸透をはじめ、
3カ月の新人教育、その後3年のキャリアパスにおいて人間力教育を重視しております。
論語と算盤的な経営というとまだまだですが、できることから実践しています。
全社的には人間学を学ぶ月刊誌「致知」を読んでの社内木鶏会、
知的書評合戦(ビブリオバトル)を定期的に行っております。
新人研修では飛鳥山の渋沢栄一史料館にも伺っています。
 
今回の「大賞」を機にさらに学び、経営にいかしてまいります。

Previous

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA