​代表挨拶

1966年、造船会社の設計書のチェックを手作業から電算化しようという試みがありました。
当時は、一部の先進企業で科学技術計算にコンピュータを使用し始めた黎明期の頃で、職業としてのSEやプログラマはまだ存在していませんでした。
なんとか課題を解決させようと技術者が集まり、ttcが生まれました。
最初の事務所は日本橋地域の薬問屋街の2階、現在のCOREDO室町辺りに設けました。
当時の詳細を聞くすべはありませんが、創業の想いは創業以来変わらない社名が物語っています。
「株式会社東京技術計算コンサルタント」
「技術計算」へのこだわりは今も持ち続けています。
そして、当時の「コンサルタント」という言葉には「協力者」という意味合いもあったようです。
お客様の課題解決のため技術者が集まって設立した会社として相応しく、今でも誇らしい社名です。
その創業の想いは、今も受け継いでいます。
代表取締役社長 倉川 清志