​ttcの教育

1966年、ttcは先駆者のいない領域に対する課題解決のために生まれました。
創業から50年以上が経つ中で、社是「技術でサービスを提供する」のもと、お客様のビジネスを継続・発展させるパートナーとして存在し続けています。
社員一人ひとりが、お客様にとってかけがえのないパートナーであるため、何を身につけるべきかを考えています。
そのためには、能力に気づき、能力を身につけ・伸ばす教育が重要です。
私たちは、社内教育を通じてお客様と共に進むための人間力、技術力に磨きをかけ、より良い・新しい価値を生み出します。
お客さまのビジネスを通して社会に貢献する技術者集団としてあり続ける為、会社として教育に力を入れています。
3ヶ月の新人研修
 More
キャリアパス
 More

3ヶ月の新人研修

はじめに

概要

私たちの業界で使われる技術や情報は、驚くべきスピードで置き換わっていきます。
そのため、常に新しい技術を効率よく習得することが、技術者としての成長には不可欠なスキルです。 

ttcの新人研修では、
 『Input』 : 知識や経験を自分の中に取り込むこと
 『Think』 : 知識や経験を相手が受け取りやすい形に変換すること
 『Output』 : 自分の中にある知識や経験を外に向けて発信すること
を重要なキーワードとして掲げています。

新人研修中は『Input』と『Output』のサイクルを円滑に行うため、
“「得た知識(Input)」を→「自分で考え(Think)」→「人に伝える(Output)」”ことを習慣付けるようなカリキュラムとしています。

目的

4月から6月の3ヶ月間は、集中した新人研修を行います。
「社会人としてのマナー」「ソフトウエアライフサイクルや業務に必要なプログラミングの知識」を身につけていき、技術者として自立するための研修を行います。

研修内容

レベル

充実した教育制度があるため、
「プログラミング経験不問」「未経験者でもOK」です。

 

感想

・2019年入社 W.A
「学校ではホテルについてまなんでいたため、まったくITの知識がありませんでした。しかしそれでも理解できるようなカリキュラムで、1から丁寧に教えていただきました。」

・2019年入社 R.E
「難しいと感じる部分も多々ありましたが、それよりも面白いと思っていたため最後までやりきることが出来ました。」

内容

私達の研修では「技術力」「人間力」を高めます。

技術力

 
「現場で働ける技術者を目指す」「ものづくりの楽しさを味わうこと」を念頭において研修を行います。
ITスキル・ITリテラシー教育、プログラミングの基礎から応用教育を行い、要件定義、設計・開発、テスト、リリースといった開発フローを体験します。
講師は先輩社員が行うため、サポートの手厚さが魅力です。
 

<プログラムの開発:基礎編>

指定された1つのプログラミング言語を中心に、配列やループなど基礎からコマ形式で授業を実施します。
最終的には、未経験者でもコードを書けるようになるため、簡単なアプリ開発ができるようになります。

<プログラムの開発:応用編>

基礎編で学んだ事をもとに、さまざまな課題に取り組みます。
応用編の最後には、 一人ひとり自由に課題を設定して開発を行います。

人間力

 
「技術にこだわる姿勢を身につけること」「人間として成長すること」を念頭において研修をします。
社長・役員・執行役員からの講義、ホームルーム でのチームワーク、マナー研修や社会見学を中心に行います。
 

<マナー講習>

社内や外部での講義を行います。言葉遣いや電話、メールなど基本的なビジネスマナーの講義を受け実践していきます。

<トップ交流会>

社長や会長、執行役員との交流会を行います。少人数で気軽に疑問をやり取り出来るため、経営者の考えを深く知ることができます。

<ホームルーム>

新人と教育担当者を交え、プログラム教育とは異なる分野を学びます
著名なビジネス書を題材にして輪読を行ったり、他己紹介やグループワーク等を通じて同期とのチームワークを高めます。

<社会見学>

見聞を広めるために、様々な場所を見学します。
過去の訪問実績:ビジネス交流会、取引先企業訪問、渋沢史料館訪問

成果

 
2019年新人教育の成果
 

<プログラムの開発:基礎編>

→英単語帳アプリを製作

<プログラムの開発:応用編>

→自然言語処理を使用した自由課題を製作
食べたいものを入力するとおすすめのお店を表示してくれるアプリ

技術力

 
「現場で働ける技術者を目指す」「ものづくりの楽しさを味わうこと」を念頭において研修を行います。
ITスキル・ITリテラシー教育、プログラミングの基礎から応用教育を行い、要件定義、設計・開発、テスト、リリースといった開発フローを体験します。
講師は先輩社員が行うため、サポートの手厚さが魅力です。
 

<プログラムの開発:基礎編>

指定された1つのプログラミング言語を中心に、配列やループなど基礎からコマ形式で授業を実施します。
最終的には、未経験者でもコードを書けるようになるため、簡単なアプリ開発ができるようになります。

<プログラムの開発:応用編>

基礎編で学んだ事をもとに、さまざまな課題に取り組みます。
応用編の最後には、一人ひとり自由に課題を設定して開発を行います。

人間力

 
「技術にこだわる姿勢を身につけること」「人間として成長すること」を念頭において研修をします。
社長・役員・執行役員からの講義、ホームルームでのチームワーク、マナー研修や社会見学を中心に行います。
 

<マナー講習>

社内や外部での講義を行います。言葉遣いや電話、メールなど基本的なビジネスマナーの講義を受け実践していきます。

<トップ交流会>

社長や会長、執行役員との交流会を行います。少人数で気軽に疑問をやり取り出来るため、経営者の考えを深く知ることができます。

<ホームルーム>

新人と教育担当者を交え、プログラム教育とは異なる分野を学びます
著名なビジネス書を題材にして輪読を行ったり、他己紹介やグループワーク等を通じて同期とのチームワークを高めます。

<社会見学>

見聞を広めるために、様々な場所を見学します。
過去の訪問実績:ビジネス交流会、取引先企業訪問、渋沢史料館訪問

成果

 
2019年新人教育の成果
 

<プログラムの開発:基礎編>

→英単語帳アプリを製作

<プログラムの開発:応用編>

→自然言語処理を使用した自由課題を製作
食べたいものを入力するとおすすめのお店を表示してくれるアプリ

研修を終えて

感想

・2019年入社 G.R
「皆さんの前に立って話す機会が多くありました。前に出る力がつきました。」
・2019年入社 R.E
「ボリューム感がありました。3ヶ月でPythonや自然言語処理と色々勉強しました。」

次のステップへ

新人研修を終えると、各部署へ配属されます。
広く社会に役立つための スタート地点に立ち、仕事を通じて貢献していきます。

キャリアパス

当社のキャリアパス

入社2年で「一人前の技術者」として自立するためのキャリアパスを策定し運用しています。
配属先の現場教育(OJT)と合わせて、技術者として必須スキルの習得を支援しています。
仕事に対する心構え、考え方を深め、人間力、技術力をステップアップさせます。

入社二年目までの業務テーマ

入社予定者: 新しい世界を知る

社会人になる準備をする。
心構えや考え方を意識する。

一年目: 基礎知識を得る

失敗を恐れず、経験を積む。
学ぶ習慣、心構えや考え方を身に着ける。

二年目: 得た知識を応用する

技術者として仕事のやり方を定着させる。
継続して学び続け、心構えや考え方を仕事で実践する。

技術支援部より

入社2年目までの社員は、様々な業務に関われるよう開発部に配属せず、技術支援部に所属、開発部の仕事を行います。
技術支援部にて、キャリアパスを実施しスキルアップしていきます。

3ヶ月の新人研修
 More
キャリアパス
 More